活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

隠居の日向ぼっこ/杉浦日向子
かどまつあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします凧

ごあいさつが遅くなってしまいました。

毎日ブログのチェックをし、コメントへの返事を
書いたりはしていたのですが。

本は読み終わっていてもそれを文章にするのが
億劫になっていました。
4104259047隠居の日向ぼっこ杉浦 日向子 新潮社 2005-09-15by G-Tools



作者、杉浦日向子さんは昨年、7月22日下咽頭がんのため46歳という若さで逝去されました。この本はその2ヵ月後の9月15日に出版されました。この訃報を聞いたときは

「あれ? コメディーお江戸でござる最近まで出てたよね?」

って思いました。

私のように時代物に苦手な人でも読めるように、わかりやすく
書いてあります。

内容はというと・・・・

踏み台
一昔前、踏み台というと木製の裾広がりの台形のものばかり。
しかも、それは市販されていない。なぜなら踏み台は元々、
新築家屋への大工さんからの置き土産だったから。
「四方転び」と呼ばれるし角錐の踏み台は、ふつうの箱を作る
ように簡単ではない。踏み台は、若い弟子へ、親方から課せられた
腕試しの仕事でもあった。親方の入念なチェックに合格すれば、
ひとりの職人の輝かしいデビューを証明した。

実家にもありました。そんなエピソードがあったなんて。
今はそんな徒弟制度は前時代的として退けられ、マニュアルを
そつなくこなせる能力だけが優先されるようになったそうです。

最後のお題は
餅は、祝い事につきもの。正月、節句、祭り、記念日。ハレの
食の代表格。しかし、私が住んでいるところでもちょっと
離れたところでは、お葬式には餅をついてふるまう、というのを
お義母さんが前に言っていたのを思い出しました。

杉浦日向子さんの最後の本となる文章の締めくくりの言葉にじ〜んと
きてしまいました。
「不謹慎と言われそうだが、大往生を遂げた暁には、お線香の替わりに、参列者に一杵ずつ願い、極楽へのはなむけに、皆で餅を味わう、めでたい葬儀もいいと思う」

ご自分の病気のことを知っていての言葉だったのでしょうか。
最後まで前向きで明るく、決して病に負けずに、人生を愉しむ
姿勢を貫いたそうです。