活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ナルニア国ものがたり〜ライオンと魔女~/C.S.ルイス
ライオンと魔女ライオンと魔女C.S.ルイス 瀬田 貞二 岩波書店 1966-05売り上げランキング : 182048おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


Amazonのレビューを読むと、かなり翻訳家の瀬田貞二さんについて悪く書かれている。
そんなことないよ、この訳はこれで味があっていいじゃないなんて思いながら読んでいた。中盤から何となくその意味が。。。

訳が古い、とこういう言い方をしてしまうと語弊があるかもしれないが、何度も読み返してしまう。読み返しても意味がわからないものはわからないから飛ばして読むと何となく読み終わったという中途半端な気持ちになる。

このシリーズ現代語訳で本が出ていないのでしょうか?

きちんと最後まで読む事が出来たからよかった。
私が夢中になって読んでいるから息子が気になって読みたくて仕方ない。
しかしまだ保育園の年長で入学前であるから、内容を簡単に教えてあげた。
私も子供の頃にこの本に出合いたかったな。
きっと洋服ダンスを開けてはナルニア国につながるのではないかと勘違いしていた子供だ。
この空想がもっともっと広がっていたに違いない。子供の頃に愛読していたひとは映画化されたときはうれしかったそうだ。

だからこそ本の世界と映画のイメージのギャップがあったらショックだろう。
レンタルで観るのが楽しみだ。

前シリーズ読了してみたい。