活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

葉桜の季節に君を想うということ/歌野 晶午
JUGEMテーマ:読書
 
最後の最後で私がだまされた。
しかしこのだまされは不思議と心地よいのは何故だろう。

以前から読んでみたかったこの本。
しかし図書館で見るたび、こんなに分厚い本読めるかなって
また戻していた。

最後の最後で・・・・というのはさまざまなレビューで知っていた。
ミステリー好きにはたまらないだろう。

途中、読み続けるのが辛くなるときがある。
想像するに気持ちが悪いのだ。
でもそこで手を止めないで、ページをめくり続けてほしい。
それ以上読みづらくはならないから。

物語はインチキ商法。その名も「蓬莱倶楽部」
健康食品や羽根布団やアルカリイオン水ペットボトルで1本2万円など。
何から何まで多種多様に売りつける。
つかんだ獲物は逃がさない。
ローンを組ませターゲットを追い込んでいく。
そして犯罪に手を染めてしまう。

以前こんなことをうちの近所でやっていた。
この本が出版されたのが、2003年。
その頃はこんな悪徳商法が多かったのかもしれない。
無料ですからお店に来てくださいと呼びかける。
そのお店は長くて、約3ヶ月しかとどまらない。
正体がばれてしまうからだ。

とここまではよく夕方のTVなどでもやっていたので、
ご存知の方は多いと思う。

あとは読んでのお楽しみってことで。。。