活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 赤い指/東野 圭吾 | main | ほかほかパン/スズキコージ >>
ホームタウン/小路 幸也
4344010302ホームタウン小路 幸也 幻冬舎 2005-08by G-Tools



札幌で働く柾人のもとへ、両親の死という過去で疎遠となっていた妹から手紙が届いた。結婚するという連絡に喜んだが、式間近になって妹と婚約者がほぼ同時に失踪。柾人はふたりを捜し出すため戻ることのなかった故郷へ向かう。
すごいぞ!!すごいぞ!!
杏の読書日記プラスの杏さんおすすめの本だ。杏さんのブログで初めてこの作家さんを知り、ずっと気になっていた。図書館で見つけたので借りてみた。
何だこの作家は???
ラストまで手に汗握るとはこのことで、本を閉じる事を許さない感じ。

ミステリーに分類されるのだろうか。

主人公柾人は、札幌の<三国屋>という百貨店に勤務する。
ビルの最上階の顧客管理部の部屋の奥にある小さな部屋。
顧客管理部<特別室>。
そこのたった1人の専従社員で、主任。1人きりだけど役付きで部長でもある。
それぐらいの権限がないとこの部署では何も出来ないのである。

そしてたった1人の肉親である、妹の行島木実(いくしまきみ)。
この2人の過去はとても辛い。。。。
ある事情で両親を亡くしてしまった。その記憶を忘れることの出来ない柾人と木実。

その木実が何故か行方がわからなくなってしまった。
旭川店に勤務する木実の婚約者の青山君の行方もまたわからない。
これはどういうことだ。

そこで柾人は自分の仕事の権限を使い、独自の捜査を行う。
長年親代わりをしていてくれた、カクさんと共に。

このカクさんと草場さんという男性がとてもいい。
味のある俳優さんが私の中で演技を繰り広げてくれた。

途中、衝撃的な過去や手に汗握る場面が出てくるがラストは本当にそれぞれが家族のようになりまさに「ホームタウン」である。




スポンサーサイト
ともさん、こんにちは。
小路幸也さんは、今年出会った作家さんの中では癸院
一押しの作家さんであります。
読んでくれて、ほんとに嬉しいです。ありがとう。

新作「東京公園」も、早く読みたいなあ、と思ってます。
| 2006/11/10 09:31
杏さんへ

新作出てるんですか?
ホントに早く読みたいですね〜
いい作家さんに出合えてうれしいですよ。
こちらこそありがとうございます。
とも | 2006/11/10 20:25
大絶賛のようなので、早速図書館に予約しました。
読み終えたらまたコメントしますね。
じゃじゃまま | 2006/11/11 16:28
じゃじゃままさんへ

うれしい〜予約されたんですね。
ありがとうございます。
きっとじゃじゃままさんもお気に入りに
なると思います。

感想楽しみです(^^)
とも | 2006/11/12 16:11
面白そうな本だね!!私「失踪もの」って好きなの〜。読んでみたくなったよ!この作家さんの本、読んだことないんだけど、ともちゃんのお薦めなら絶対だね♪読んでみるわ(^^)
miwa | 2006/11/14 10:42
miwaちゃんへ

失踪もの好きなの??
知らなかった(笑)
多分、miwaちゃんもいけると思うよ。
感想教えてね〜♪
とも | 2006/11/14 16:16
私も読んでみましたー!
途中で止められなかったので
一気読み上げましたー!

カクさんはおひょいさん??
などと考えたりしちゃいました。

キラ子 | 2006/11/15 21:05
キラ子さんへ

こうやって私がおもしろかった本を
みなさんが読んでくれてうれしいです!!
一気に読ませるすごい作家さんです。

私はおひょいさんよりもっと
凄味のある人物を想像していました。
かといって誰って思いうかばないのですが。。。
とも | 2006/11/16 15:56
読みましたよ〜!
仕事で疲れてたせいか?序盤、全然進まなくて3日ほどかけてしまいました。
でもきな臭い事件とかあるくせに、全体的に温かいのはなぜでしょうね。本当の悪人が出てこないんですよね。草場さんやカクさんって裏の世界の人間だったのに、すごくいい人。
土橋部長・・・ちゃっかりしてますね、普通ならクビだし、表の人間が裏の人間と手を組んだらもっとこっぴどくなにかあるはずなのに。(笑)
じゃじゃまま | 2006/11/23 14:57
じゃじゃままさんへ

私今後注目の作家さんであります。
読んでいただけてうれしいで〜す。

草場さんやカクさんがとってもカッコいい。
とも | 2006/11/26 08:20
ともさん、こんにちは。
素敵な本の紹介、ありがとうございます。
面白かったです〜。
いつも思うんですが、脇役が魅力的な小説ってほんと、面白い!

あ、TBできました〜。
お騒がせしました…。



ノカノカ | 2006/12/04 15:32
ノカノカさんへ

共感してくださって、こんなにうれしいことはないです。
ドラマを見ているような本ですね。

これからも追いかけていきたい作家さんです。
とも | 2006/12/05 10:28
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/102
TRACKBACK
ホームタウンposted with 簡単リンクくん at 2006.10.10小路 幸也著幻冬舎 (2005.8)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 小路幸也作品、三作め。★★★★☆ 北海道の百貨店「三国屋」の顧客管理部特別室で働く行島柾人(27歳)。 彼
ホームタウン | 杏の読書日記プラス | 2006/11/10 09:32
人気脚本家、三谷幸喜の監督&脚本によるホームコメディ。脚本家の飯島夫妻(田中直樹&八木亜希子)が、新居を建てることになった。ところが和室にこだわる棟梁(田中邦衛)と、モダンな家にしたいインテリアデザイナー(唐沢寿明)は、ことごとく対立。夫妻はオロ
みんなのいえ | 1-kakaku.com | 2006/11/12 08:40
妹が失踪した?そして婚約者も。挙式間近の二人になにがあったのか? 社内の内部監査をしている柾人と妹木実は、人殺しの血が流れている。 過去がなにか関係あるのか?期待しすぎていたせいか、失踪の事実を知るまで、物語的にはそれは序盤のことなんだけど、その序盤で
ホームタウン 小路幸也著。 | じゃじゃままブックレビュー | 2006/11/23 14:52
ホームタウン いやー、面白かったです。 この本は「とものブックレビュー」のともさんの記事→コチラで知って よさそうな本だなぁと思ってたら、図書館にあったのですよ。 急いで借りて帰ってきて読んじゃいました。 内容(「MARC」データベースより) 札幌で
「ホームタウン/小路幸也」読了 | 本を読んだり… | 2006/12/04 15:26
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/05/31 10:24