活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 四度目の氷河期/荻原 浩 | main | BESTYO/一青窈 >>
ボトルネック/米澤 穂信
4103014717ボトルネック米澤 穂信 新潮社 2006-08-30by G-Tools

 
恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば見慣れた金沢の街中にいる。不可解な想いを胸に自宅へ戻ると、存在しないはずの「姉」に出迎えられた。どうやらここは、「僕の産まれなかった世界」らしい。

米澤さんの本はこれで2冊目。
この本の感想もやはり難しい。何故だ??
前回の『春期限定いちごタルト事件』に比べると最初からスピードがあった。
それについて行くことも出来た。

主人公嵯峨野リョウは東尋坊から崖下へ落ちてしまう。気づいたら「僕がいるはずのない世界」。そしてこの世界にはリョウの住む世界には存在しない人間や木が存在している。
元の世界に戻れるのか?という疑問が。この世界では生きていけないのだ。
だって戸籍も何もないのだから。

ある意味これってホラーだよね。

素直に心からおもしろかった〜とは言いがたいかもしれない。
多分ラストを読み取る力に欠けているからだと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここからは思い出話。
私は結婚して8年目を迎えた。
8年前にこの物語の舞台である東尋坊を歩いてきた。なぜ新婚旅行に東尋坊??と
思うかもしれないが金沢方面に行こうと決めて「るるぶ」を何気に見ていたら、東尋坊を
知った。そしてここに絶対に行こうと決めた。
あの崖下をのぞいた時の恐怖といったらない。この小説にも出てくる遊歩道というか
下へ下りる階段があった。あの階段を大きなお腹をした妊婦さんが歩いていた。
すべって落ちたらどうするんだと思い、ハラハラしたのが記憶にある。

本を開くまでこの表紙の絵を見ても、これがあの東尋坊とはビックリだった。
思わず夫に「この絵、東尋坊だって」と言ったら、たったひと言
「へえ〜」それだけかい。
車で行った旅行。あんなに車を走らせたのもあの時がはじめてだった。(私はずっと助手席であったが)
だんだん感覚は麻痺して「金沢まで100km」なんていう標識を見ると「近い、
あともう少しだね」なんて言っていた。

だからこの日本海の寒々しさ。東尋坊の怖さを思い出しながら読むことが出来た。
スポンサーサイト
今日この本が用意できたって図書館から連絡ありましたー!!
読むのとって楽しみなんですー
キラ子 | 2006/11/23 21:41
ともさん、こんばんは!
これは…ちょっと考えさせられる作品ですね。
あの結末が果たしてどうだったのか。

東尋坊はおろか金沢にも言ったことがないので想像でしか
読めませんでしたが、かなり怖い場所のようですね。
米澤さん、他の作品は明るいものばかりなのでー安心してくださいね!
リサ | 2006/11/24 02:06
キラ子さんへ

良かったですね!!
感想お待ちしております。
とも | 2006/11/26 08:13
リサさんへ

読後はスッキリしませんでした。
懲りずに今『犬はどこだ』を読んでます。
これはおもしろいですね〜
とも | 2006/11/26 08:13
東尋坊は行ったことないんだよ〜。
♪やまひろ♪ | 2006/11/26 23:38
やまちゃんへ

機会があったら行ってみて!!
こわいよ〜(>_<)
とも | 2006/11/27 16:35
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/105
TRACKBACK
ボトルネック米澤 穂信新潮社2006-08-30by G-Tools 恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば見慣れた金沢の街中にいる。不可解な想いを胸に自宅へ戻ると、存在しないはずの「姉」に出
『ボトルネック』米澤穂信 | ひなたでゆるり | 2006/11/24 02:03
人気脚本家、三谷幸喜の監督&脚本によるホームコメディ。脚本家の飯島夫妻(田中直樹&八木亜希子)が、新居を建てることになった。ところが和室にこだわる棟梁(田中邦衛)と、モダンな家にしたいインテリアデザイナー(唐沢寿明)は、ことごとく対立。夫妻はオロ
みんなのいえ | 1-kakaku.com | 2006/12/01 14:44
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/05/08 10:55
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/05/15 23:17
ボトルネック ■やぎっちょ読書感想文 ざっ、ぷーんの東尋望 東尋望をご存知ない方のためにやぎっちょが物語風にご説明いたしましょう。ある、家庭の食卓。 長女「ねえ今度の週末家族でどこか行こうよ」 母「あら、いいわねぇ。ねぇ、お父さんどうかしら」 父
ボトルネック 米澤穂信 | "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2008/05/18 02:22