活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 一瞬の風になれ第一部‐‐イチニツイテ‐‐/佐藤 多佳子 | main | 一瞬の風になれ〜第三部〜ドン/佐藤 多佳子 >>
一瞬の風になれ 第二部 ヨウイ/佐藤 多佳子
一瞬の風になれ 第二部
一瞬の風になれ 第二部
佐藤 多佳子

冬のオフシーズンを経て、高校2年生に進級した新二。冬場のフォーム作りが実を結び、スピードは着実に伸びている。天才肌の連も、合宿所から逃げ出した1年目と違い、徐々にたくましくなってきた。新入部員も加わり、新たな布陣で、地区、県、南関東大会へと続く総体予選に挑むことになる。
新二や連の専門は、100mや200mのようなショートスプリント。中でも、2人がやりがいを感じているのが4継(400mリレー)だ。部長の守屋を中心に、南関東を目指してバトンワークの練習に取り組む新二たち。部の新記録を打ち立てつつ予選に臨むのだが、そこで思わぬアクシデントが……。

第2部に当たる本書では、人と人の繋がりに重点が置かれている。新二と連の友情、先輩・後輩の信頼関係、新二と谷口若菜の恋愛模様。第1部で個々の人物を丹念に描き、読者に感情移入をうながしているだけに、皆の気持ちが1つになっていく姿は強く胸を打つ。
特に、一人ひとりがバトンをつなげていく4継の描き方が素晴らしい。自分勝手と思えるほどマイペースな連が見せる、4継への、仲間で闘うことへの執着、意気込み。連のまっすぐな言葉に新二たちがはっとする時、その言葉は読み手の心にもストレートに届くのだ。
本書は、起承転結でいうところの、承句と転句。さまざまな事件、障害、葛藤を経て、スピードに乗った物語は、第3部のフィナーレへとなだれ込む。(小尾慶一)


第1部を読み終わり2冊同時に借りられたので引き続き第2部へ。
続きが気になり何も手につかない。第3部を読み終えるまで大掃除にもならないだろう。
あ〜〜〜困った私の性格。

この小説っていつも風を感じながら読んでいる気がする。
どんな風・・・・

さわやかな5月の風。
そして真夏の蒸し暑い無風の時。
12月の早朝の半端でなく冷たい風。

それぞれ部員達が成長しているのがわかる。
後輩が入り、メンバーも変わっていく。
若いっていいよ。まだまだこれからだもん。
今、青春真っ只中の人たち、そして過去を思い出しながら読んでみるのもまた楽しいだろう。



スポンサーサイト
2年生になって後輩が出来て、ほのかな恋心も芽生えて
青春っていいなぁ。なんて爽やかに読んでいました。
2巻は予想していたといえ衝撃な展開でしたね!
リサ | 2007/01/19 14:48
リサさんへ

若いっていいな〜ってつくづく思っちゃいました。
とも | 2007/01/21 17:22
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/112
TRACKBACK
一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ-佐藤 多佳子講談社2006-09by G-Tools 少しずつ陸上経験値を上げる新二と連。才能の残酷さ、勝負の厳しさに出会いながらも強烈に感じる、走ることの楽しさ。意味なんかない。でも走ることが、単純に、尊いのだ。今年いちばんの陸上青春
『一瞬の風になれ 第二部 ヨウイ』佐藤多佳子 | ひなたでゆるり | 2007/01/19 14:41
『一瞬の風になれ』の第二部ヨウイを読み終る。. 主人公新二は、1年生から2年生に進級する。サッカーで超高校級兄健一は、Jリーグの強豪ジュビロ磐田のサテライト入りが決まる。その健一が、新二に陸上用の新しいスパイクを買ってくれるところから、第二部ヨウイは始
『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)(2)ヨウイ | 栄枯盛衰・前途洋洋 | 2007/01/28 13:20
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/05/21 11:05
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/05/30 11:13
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/06/07 09:44