活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 一瞬の風になれ 第二部 ヨウイ/佐藤 多佳子 | main | 新年のご挨拶 >>
一瞬の風になれ〜第三部〜ドン/佐藤 多佳子
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
佐藤 多佳子
高校の最終学年を迎えた新二。入部当時はまったくの素人だったが、今では県有数のベストタイムを持つまでに成長した。才能とセンスに頼り切っていた連も、地道な持久力トレーニングを積むことで、長丁場の大会を闘い抜く体力を手にしている。
100m県2位の連、4位の新二。そこに有望な新入生が加わり、部の歴史上最高級の4継(400mリレー)チームができあがった。目指すは、南関東大会の先にある、総体。もちろん、立ちふさがるライバルたちも同じく成長している。県の100m王者・仙波、3位の高梨。彼ら2人が所属するライバル校の4継チームは、まさに県下最強だ。
 部内における人間関係のもつれ。大切な家族との、気持ちのすれ違い。そうした数々の困難を乗り越え、助け合い、支え合い、ライバルたちと競い合いながら、新二たちは総体予選を勝ち抜いていく――。

前2巻の集大成である本書には、大会における競技シーンが多い。そこで読み手の感情を揺り動かすのは、それまでこつこつと積み重ねてきた人物描写だ。1、2巻を読み終える頃、物語の登場人物たちは、もはや他人ではなくなっている。新二の声を枯らした応援につられ、握りこぶしを作って声援を送る読者も多いはずだ。
その興奮、緊張感は、南関東大会でクライマックスを迎える。若きスプリンターたちが大舞台のスタートラインに立ち、ぞくぞくするようなスピード対決が、いま、スタートする。(小尾慶一)


この第三部は大会の競技シーンが多く、何しろ陸上に疎い私には話がわからない部分が多かった。しかし選手達の興奮状態や緊張感などは伝わってくる。

〜ある選手との会話〜
「県ってより関東みたいだよ。空気、ひび割れてない?すげえ来そうじゃない?準決から、みんな、もうバリバリと」

どんな空気だろう。きっとこの若者達、大人になって色々な局面で挫折しそうな時があっても乗り越えられるだろう。

ラストに主人公の新二が両親の姿を観客席に見つけるシーンがある。
あっ、今日は来てるんだなってなんかうれしかった。

陸上の経験がある人なら手に汗握るだろう。この私が手に汗握るのだから。
スポンサーサイト
ともさん、このシリーズ読了ですね。
私は、図書館にリクエスト中です。
なので、感想は、本を読んでから、ゆっくり読ませてくださいね。

大晦日、ともさんは、どんな風にすごしていらっしゃいますか?
我が家は、もう少しお掃除をがんばって、
午後からは、高校サッカーをテレビの前で応援します。
(息子の学校が、初出場なので)
夜は、もちろん紅白を観ます。
ドリカムメドレーが楽しみです。

ともさんも良いお年を&来年もよろしくお願いします。
| 2006/12/31 10:58
杏さんへ

お返事遅くなりました。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
年末はずっとお仕事で、昨日は1日お休みでした。
息子さんのサッカーの試合どうでしたか?

とも | 2007/01/01 17:47
陸上のことがわからなくても難なく読めちゃいますね。
ものすごく惹き付けられた魅力的な作品でした。
佐藤多佳子さんこれが初読でしたが、これからいろいろと
読んでみたいです♪
リサ | 2007/01/19 14:51
リサさんへ

本当にリサさんに共感です♪
私も読みたいです。
おすすめあったらまた教えてくださいね。
とも | 2007/01/21 17:23
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/114
TRACKBACK
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-佐藤 多佳子講談社2006-10-25by G-Tools 部長になった新二とエースの連。春高陸上部の仲間たちとのハードな練習の向こうに見据えるのは、この部で、このメンバーで、インターハイに行く、ということ-。陸上青春小説、圧倒的迫力の完結編!
『一瞬の風になれ 第三部 ドン』佐藤多佳子 | ひなたでゆるり | 2007/01/19 14:42
この本のことは去年の夏の終わり頃から、なんとなく耳に入ってきたので知ってはいました。本の題名はわからず、陸上部のことを書いた高校生の「スポコンもの?」の本だというので、僕は絶対に読まないだろう分類の本だと思っていました。汗くさい「青春」というも
佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」を読んだ! | とんとん・にっき | 2007/01/27 10:33
『一瞬の風になれ』の第3部ドンを読み終わった。 第3部は、主人公神谷新二と親友でありライバルでもある一ノ瀬連の2人の高校アスリートとしての最後の3年生のシーズンを描く。インターハイの地区予選から始まり、県予選、最後はインターハイ出場をかける南関東大会。 4
『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子著)(3)ドン | 栄枯盛衰・前途洋洋 | 2007/01/31 22:16
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/05/24 16:36