活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 風が強く吹いている/三浦 しをん | main | サラリーウーマン幸せ研究所 WORK編&LIFE編/小林 由紀子+日経WOMANN編 >>
配達あかずきん/大崎 梢
配達あかずきん
配達あかずきん
大崎 梢
「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。初の本格書店ミステリ、第一弾。

本屋が舞台の本格ミステリー、連作短編集。
本好きそしてミステリー好きにはたまらない本だろう。
ミステリーと言っても誰かが殺されるわけではない。
どの事件も本屋にとっては大事件だ。

例えば配達した雑誌に挟まれていた盗撮写真。表題の「配達あかずきん」
誰が写真を差し込んだのか。
もちろん書店員がそんなことをするはずもない。
それじゃ一体誰が???

そんな事件を勘の良いアルバイトの多絵ちゃんが次々に答えを導き出す。
実際に勤務中に仕事を抜け出すというのは大袈裟かと思う点も多々あるが、少なからずとも私も3ヵ月という短い期間ではあったが書店員さんの仕事を身近に見てきた。
(私は書籍担当ではなかったので、少年ジャンプの発売日などは大変そうだなと思うしかなかった)

書店員の動きがとてもわかる本だった。
スポンサーサイト
>コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方
>を探しに来た女性。

持ってるよ!なぜに『あさきゆめみし』なのだろう?
♪やまひろ♪ | 2007/01/31 10:54
やまちゃんへ

それは色々と事情がね!!
『あさきゆめみし』はおもしろかった?
とも | 2007/02/01 14:56
いよいよ、といいますか、やっとまわってきました。
まだこれから読むのですが、楽しみにしています。読後、またお邪魔しますね。
じゃじゃまま | 2007/02/04 16:39
読み始めたら止まりませんでした。
これはもう本好きには、溜まりませんね。書店員さんの人気上がっちゃうかも?なんて思ったり。
私もちょっとだけ書店員したことあるんですけど、研修終わったら文具に回されたり。
でも杏子のようなプロにはなれそうもありません。
探偵は多絵というのも意外。
じゃじゃまま | 2007/02/05 21:28
じゃじゃままさんへ

じゃじゃままさん一気読みでしたね。
おもしろいですよね。
是非シリーズ化辞めないで欲しいです。
とも | 2007/02/06 17:35
ともさん、こんにちは!
ありそうでなかった書店ミステリ。面白かったですねー。
てっきり杏子さんが探偵かと思いきや、意外な多絵ちゃんで
でもこれがまた冴えある謎解きでおおっ!と思いながら
読んでました。
次作が早くも待ち遠しいです(*^-^*)
リサ | 2007/02/14 17:16
リサさんへ

本当ですよね。ありそうで今までなかった
本ですね♪

早く『晩夏へ捧ぐ』読まなくちゃ。
とも | 2007/02/17 15:53
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/119
TRACKBACK
これは・・・本好きには堪らないんじゃないんですか~!本が好きな人ってかなりの確率で小説家になりたかったり、それが無理なら編集者とか、本屋の店員でも!!と思ってる人多いはず。 私にとっては書店員というのは盲点だったんだけど、もうワクワク!そうか!書店員な
配達あかずきん 大崎梢著。 | じゃじゃままブックレビュー | 2007/02/05 21:24
配達あかずきん大崎 梢東京創元社2006-05-20by G-Tools 「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビル内の
『配達あかずきん』大崎梢 | ひなたでゆるり | 2007/02/14 16:56