活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< アッコちゃんの時代/林 真理子 | main | メロメロパークって何だ〜? >>
天使がいた三十日/新堂 冬樹
4062129647天使がいた三十日新堂 冬樹 講談社 2005-06-21by G-Tools



本屋さんに行くたびに新堂冬樹という名前は目にしていた。いつか読んでみたいとは思っていたが、図書館でとてもステキな表紙の本を見つけたので借りてみた。字も大きいしとても読みやすい。一気に読んでしまった。

今の季節にぴったりの本。クリスマスが舞台の雪が降りしきる中の体が凍えるような寒さが心にしみた。

主人公日吉友哉は、愛する妻、夏乃を交通事故で亡くしてからは、抜け殻のような無気力な人間になってしまった。作曲家として名を馳せた男だがもちろん、曲作りなどできるはずもなかった。そして、所属していた音楽プロダクションも辞めてしまう。様々な職業の中からナチュラルフーズという無農薬食品の配送ドライバーに就職する。配達先の大きなお屋敷で買われている犬と出会う。それが彼の運命を変えてくれる。

とても頭の良い犬マリー。あれ、、、ウチの娘の名前と似てるなんて思いつつ。

作風はいま、会いにゆきますと似ている。

本当に天使っているのかな。我が家には時々悪魔に大変身の天使がいますが。。。

スポンサーサイト
ともさん こんばんみ〜

新堂さんは泣けると評判の高かった「忘れ雪」を読んだ
ことがあるんだけれど 私はちーっとも泣けなかったの(^^;
動物ものには弱いはずなんだけどね〜

これにも犬が登場するんだね〜
面白そうだから手にとってみようかな('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
今日ねーやっとナラタージュ読み終えたよ
心がちっと苦しくなっちゃった
まめころりん | 2005/12/29 22:15
まめころりんさんへ

コメントありがとうございます。
『忘れ雪』で泣けなくてもこれは
多分なけると思います。
『忘れ雪』は読んでませんが。。。

犬がとてもいいんですよ。
本当におすすめです。
とも | 2005/12/31 10:38
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/14
TRACKBACK
天使がいた三十日新堂 冬樹 講談社 2005-06-21by G-Tools 愛する妻を亡くして1年。失意のどん底にいる作曲家に、生きる希望を与えたものは? 犬好きの人にはたまらないだろうなあ、っていう1冊。白新堂さんは、悪くはない。悪くはないんだよ…。それに、この作品
天使がいた三十日 新堂冬樹 | IN MY BOOK by ゆうき | 2005/12/17 22:14
いま、会いにゆきますいま、会いにゆきます(いま、あいにゆきます)は、市川拓司によるベストセラーのファンタジー恋愛小説である。世界の中心で、愛をさけぶと同じく、メディアミックスによるヒット作のひとつである。通称“イマアイ”。.wikilis{font-size:10px;colo
いま、会いにゆきます | 日本の文学・小説集め | 2006/01/02 05:23
 大きな字で、行間も広くページ数も少ないので、小一時間もあれば読み終わってしまうだろう。読み易いので、マンガ感覚で早読みしたい人や、読書が苦手な人にはお勧めしたい。 天使がいた三十日 著者:新堂 冬樹販売元:講談社Amazon.co.jpで詳細を確認する
天使がいた三十日 | ケントのたそがれ劇場 | 2006/02/14 21:06