活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< バッテリー/あさの あつこ | main | 東京バンドワゴン/小路 幸也 >>
夜明けの街で/東野圭吾
夜明けの街で
夜明けの街で
東野 圭吾
渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。果たして秋葉は罪を犯したのか。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた・・・。

久しぶりの東野作品だったからページを開く前からワクワクしていた。
この本、そんな私を裏切らなかった。
きっと全然おもしろくないよと思う人もいるだろう。
私はそうでない。
中年のおじさんと一般的に言われる普通のサラリーマンが秋葉に惹かれていく。
お互い何となく境界線を越えてしまう。妻子ある身だ。いけないと思いながらも渡部の心は抑えきれない。

と書けば普通の不倫小説じゃないと思ってしまう。
実際私も何故に東野さんが不倫小説を!?と思った。
しかしここはさすが東野さん。
ジャンル分けをするとすれば何だろう???
最初は不倫で始まりミステリー??で終わっている。

東野さんが書くんだもん。ただの不倫小説で終わるわけがないじゃない!!
わたしこういうの好きです。
スポンサーサイト
お久しぶりです。
最近、小説から遠ざかっていたのですが、
ともさんのブログに来たら、また読みたくなってきました。
この本、面白そう。
図書館では、倍率高いかしら?
予約してみます。
トモリカ | 2007/10/21 17:15
トモリカさんへ

お久しぶりですね!!

私のブログでこの本が読んでみたいって
思ってもらえると、ブログやっててよかった
な〜と、とてもうれしいです。
図書館は私確か、10番目くらいでした。
なんせ東野圭吾の作品ですから、
人気はあるでしょうね。
とも | 2007/10/24 14:50
東野圭吾を読み漁ってます^^

昨夜から「夜明けの街で」をよみだして
仕事の合間なのか、読みっぱなしなのか
読み終わりました。

不倫の魅力が続き、今までの東野圭吾とは。。
そこに、刑事が登場 結末は予想できなかったな
自殺とは、考えなかった!!

秋葉の渡部を利用した気持ちがーーー真剣に
秋葉は、渡部の娘に同じ思いを・・・
いろいろ考えた、秋葉からの別れでした

miraidash | 2007/10/25 18:23
miraidashさんへ

コメントありがとうございます♪
miraidashさんも楽しめたんですね。
2通りの意見、感想を持つ人に
分かれるでしょうね。
でもそう望んで書かれたという
東野さんの意図も読み取れるような
気もしました。
とも | 2007/10/26 11:14
ともさん お久しぶりです

この本 図書館で予約したのは確かまだ暑かった頃のよう
な・・なかなか届きません(^^;
重松さんのも上下巻で頼んだのに上巻を読んだのは
何ヶ月も前なので話の内容忘れてるかも

面白い面白くないが はっきり分かれる本なんですね
でも東野さんですもーん 私もきっと面白く読めると思って
届くの待ってます
まめころりん | 2007/11/19 19:22
まめころりんさんへ お返事遅くなって申し訳ございません。忙しくてパソコンを見る余裕もないので携帯からお返事してみました。もう読み終わった頃でしょうか?
とも | 2007/12/11 21:57
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

恋をしてるときっていうのは、傍から見て馬鹿だなと思うことを平気でしてしまう視野の狭さなんでしょうかね。
渡部を見ていると、秋葉を本気で愛してるというのではなく浮かれてるだけって思うんですけど、本人は気付かない。そんなところにイライラしながらも、夢中で読んでたってことですよね。(笑)
私は妻の方が実は怖いと思います。まったく妻側からは書かれてませんでしたけどね。

大きなお世話だったらすみません。もしともさん、TBしていただいてたのならうまく反映されてないようなのでまたお願いします。そうじゃなかったら、気にしないでください。(汗)
じゃじゃまま | 2008/01/01 21:10
じゃじゃままさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

じゃじゃままさん、私TBさせていただこうと
コピーしたままでその後忘れていました。
すみません(^_^;)
ありがとうございます。

やられましたね〜この本には。

とも | 2008/01/02 16:55
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/144
TRACKBACK
一体どんなテイストの物語かと・・・読み始めた。最初はちょっと分からなかった。不倫にハマる男性の、「危険な情事」的な展開になっていくの?それもハラハラ。やっぱサスペンス?? 秋葉の過去にあった殺人事件の真相。真犯人は誰なの? やっぱりミステリ? 東野氏だ
夜明けの街で 東野圭吾著。 | じゃじゃままブックレビュー | 2008/01/01 21:04
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2009/10/24 08:12