活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< アフターダーク/村上 春樹 | main | ダイイング・アイ/東野圭吾 >>
楽園(上)/宮部みゆき
楽園 上 (1)
楽園 上 (1)
宮部 みゆき
JUGEMテーマ:読書


久しぶりの更新です。
11月は一度も更新していないし、ちょっと自分でもビックリ!!
本はずっと読んでいましたが相変わらずサクサク読むペースができず。。。。

さて感想ですが。
この小説は以前映画化もされ話題となった『模倣犯』がベースとなっている。
その後というよりはそこに登場した前畑滋子というフリーライターの女性が主人公。
正直、おもしろかったようなそうでもないような。
とりあえず上巻しかまだ読んでいないので、なんとも言えない。

前畑のところへ、一人息子を交通事故で亡くした母親からある相談が持ちかけられる。
息子には幻視能力があったのではないか!?
どうかあなたの力で調べて欲しい。
息子はそう思えてならない絵を数点遺している。

この前畑ならではの言葉によって普通の人には聞き出せないことであろうことまで、聞き出していく。
これで解決されるのかなと時々不安に駆られた。しかしこれはまだ上巻だまだ下巻が残っているではないかと自問自答しながら読み進んだ。
下巻がどういう展開を引き起こし、解決されるのか大いに期待している。
期待を裏切らない本であって欲しいと願うばかり。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/147
TRACKBACK