活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ハーブティー事典/佐々木 薫 | main | no title >>
ご無沙汰しています。
流星の絆
流星の絆

JUGEMテーマ:読書


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

元気です。なんとかやってます。
相変わらず生活が忙しくて。
でも本を読む時間はあるんです。寝る前の数十分。
ただ記事にする時間がなくて。

この本も一応ドラマ化される前に読んではいました。
原作はとてもよかった。
もっとシリアスなイメージだったので、ちょっとドラマは
違うかなって個人的な意見です。

一応読んだという報告だけになってしまいますが。
スポンサーサイト
よろしくう。

数十分で何ページ読むんだい?

速読だな!すごい。

あたしは実用書でやっと (^-^;
♪やまひろ♪ | 2009/01/07 20:29
やまちゃんへ

数十分で数ページから数十ページといった
ところでしょうか。
その日の疲労度によるよ。
次の日が仕事休みだったりすると、
長く読んだりして。

全然速くないよ〜
とも | 2009/01/10 13:48
ともさん、おひさしぶりです。お元気でした?

2008年は、私もいろんなことがあった一年でした。
それで、本の感想がほとんどかけないブログになってしまいました(笑)
でも、ぼちぼちとブログは続けているので、また遊びにきてくださいね。
もちろん、こちらにも伺います。
今年も、どうぞよろしくお願いします♪
| 2009/01/14 22:40
杏さんへ

こちらにもありがとうございます。
なんとかいい方向に向かっているようで、
安心しました。

お互いに頑張っていきましょうね。
とも | 2009/01/19 13:33
この本、帯がすごい大げさだったので、もっともっとハードな復讐劇を想像してたんですよね。
なのでちょっと原作は肩透かしだったんですけど、そのつもりで見たドラマは、私泣いちゃったんですよね。
ドラマはよかった。キャストは三浦友和さんと柄本明さん(ベテラン)以外は不満でしたけど。
じゃじゃまま | 2009/01/22 11:51
じゃじゃままさんへ

この記事の後にホント最近最終回を見ました。
最後結局ハヤシライスを食べられないのが
笑えました。

今図書館に、東野さんの本2冊予約してあるので
楽しみにしてます。なかなか順番回って
きません(>_<)
とも | 2009/01/25 16:33
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/154
TRACKBACK
≪★★★≫ 幼い兄妹が流星を見に行った夜に、惨劇は起こった。 大人になった彼らは復讐を誓う。大切なものを奪われてばかりの自分たち、奪われる側から、奪う側にまわれ! 両親を奪ったあの後姿は誰だったのか・・・。 二人の兄と妹の静奈は、詐欺師だ。 計画性といい
流星の絆 東野圭吾著。 | じゃじゃままブックレビュー | 2009/01/22 11:48