活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ママはケーキ屋さん&図書館本 | main | きみの友だち/重松 清 >>
ぴかぴかのウーフ/神沢利子
4591012794ぴかぴかのウーフ神沢 利子 井上 洋介 ポプラ社 1984-01by G-Tools


ウーフのおきにいりのズボンが、ついに小さくなってしまいました。おかあさんにズボンをかえるようにいわれて、ウーフは大むくれ。(amazonレビューより)

この本を見て、懐かしいと思う方。そうです、この本は小学校低学年の国語の教科書で使われているお話です。私の国語の本にはこのお話でなく、「おかあさんおめでとう」でした。シリーズ10巻出ています。

この本、毎晩読んでいます。家を飛び出したウーフはキツネのツネタやへびのおばさん。あなぐまのおじいさんなどに出会います。
とくに私が大好きな文章はへびのおばさんの言葉。
色っぽく、艶っぽく読むと雰囲気が出ます。子供達も大笑い。

実はへびが着ていたのはスウェットスーツだった。ウーフのズボンは小さくなったら誰か着てくれるかもしれないけど、おばさんのスーツは誰も着てくれないって。そりゃ、そうね。

実はこの前の日曜日、うちの近所にへびの抜け殻が落ちていたと、夫と子供が大騒ぎ。別にそんな不思議なことではなく、へびはうちの庭にもよく出没するので大したことではないのですが、抜け殻を見たのはあの時初めてだったのでしょう。
きっと息子は思い出したに違いない。
「たしかにあんな干からびたスーツ、誰も着れないよなぁ」

読み聞かせの際はくれぐれもへびのおばさん、色っぽくね。
毎日読んでも飽きないから、ぜひおすすめ。
スポンサーサイト
こんにちは!
くまの子ウーフ大好きでした。
私の使っていた教科書では「ウーフはおしっこでできているか??」でしたね。
ウーフがキツネ君にからかわれながらも、一生懸命に自分が何で出来ているかを考えていく過程にワクワクし、最後に出した結論に友達と一緒に大笑いした事を思い出しました。
でも今思うと、哲学的要素も入っているのかなぁという気も。
AKI | 2006/02/16 19:10
AKIさんへ

コメントありがとうございます。
そうだ「ウーフはおしっこでできているか??」
でした。文章訂正しておきます。
とも | 2006/02/16 21:11
お邪魔してま〜す
くまの子ウーフ、懐かしい〜って思って☆
ヘビのおばさんは色っぽくですね!!
了解しました(-_☆)キラーン
友達の子が3歳なんで、友達の伝授しようと思います!!
絵本スキのキラリンコ、今、自分が読みたくなってます((o(^-^)o))
キラリンコ | 2006/02/25 11:35
キラリンコさんへ

ようこそ〜
ヘビのおばさん、色っぽくです(笑)
しかもマダムっぽくです。
お子ちゃまの反応を聞かせてくださいね。
たのしみにしてま〜す(^_^)/~
とも | 2006/02/25 20:49
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/41
TRACKBACK