活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< まじょとねこどん ほうきでゆくよ/ジュリア ドナルドソン | main | 購入本・『生協の白石さん』/白石昌則 東京農工大学の学生の皆さん >>
東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜/リリー・フランキー
4594049664東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~リリー・フランキー 扶桑社 2005-06-28by G-Tools


親孝行したい時に親はなし。でもリリーさんはオカンに十分に親孝行できたのではないでしょうか。

幼い時から事情でオトンとは生活をすることがなかったリリーさん。オカンとの2人だけの暮らし。家計が苦しいので親戚の家に間借りして、住んでいた幼少時代。驚く体験が書かれていても、それをおもしろおかしい文章で読者を笑わせます。

オカンは住み慣れた九州を離れ、東京でリリーさんとの同居が始まります。

決して世が嫌うマザコンではなく、子が親を愛しく思う気持ち、親はいつまでも息子はお腹をすかしていると思い、料理を作って息子の帰りを待ちわびるという当たり前の事ですが特別に絆が深いように思います。

ラストは強烈な感動がおしよせてきます。
誰にでも訪れる親の最期。今はまだ考えたくありませんが、想像すると悲しくなります。

私は子供たちにとってどんなオカンかな。そして私のオカンはどうしてるだろう。子供が生まれて上の子が保育園に入ってからはなかなか実家に帰れませんが、元気な孫を見せてあげるだけでも親孝行かなって思ってます。

故郷を離れて住む若者、結婚して親の立場になり親のありがたさがわかる方など様々な立場、年齢の方が読んで泣いて下さい。


〜印象に残った文章〜
オトンの人生は大きく見えるけど、オカンの人生は十八のボクから見ても、小さく見えてしまう。それは、ボクに自分の人生を切り分けてくれたからなのだ。(本文より)
スポンサーサイト
あたしと息子の絆>>>>
今日も私がおこりっぱなしで
本人はなんで怒られているかも
わからないらしい。
こんなんでいいのか
自問自答だよ。
♪♪やまひろ♪♪ | 2005/11/18 21:12
やまちゃんへ

やまちゃんちの息子さんはウチよりおにいちゃんだから、
また違う怒りがやまちゃんにあるんだろうな。

わかる〜。
そういう時あるよね。

我が家は私の怒りに筋道が通ってないと、子供は??に
なる。
最近息子に対してあまり怒らなくなった。
だって、かわいいんだもん。
このかわいい時期も残りわずかと心に感じている
この頃。。。
とも | 2005/11/19 10:55
すばらしい!!

ともさんの母親ぶり最高!!

うちも最近、旦那や姑が息子に対して怒る事が
多くってね。特に旦那はすぐに怒るんだよね。
もっと息子の言い分とかも聞いてあげないとね。
って、毎日×2、私自身も反省です。

子供はほんとかわいいよね(^^)
miro | 2005/11/19 20:20
miroさんへ

今日は楽しかったね(^^)

さっき帰り、息子に怒り爆発でした。
買ってもらったものを大切にしないから。
どこかに置いてきちゃったみたい。

まぁ、忘れっぽいのは私に似たのかも。。。
仕方ないか。
とも | 2005/11/20 12:49
どうもです。
いつもお世話になっております。
こちらにもTBしておきましたので
宜しくです。

東京タワー、また売り切れました。
ここ1,2ヶ月で一番売れているかも。
ベック | 2005/11/20 15:36
ベックさんへ

こちらこそ、ベックさんのブログを
拝見するのが毎日の日課になってま
すよ。

東京タワー、本当によかったです。
しみじみ考える本でした。
とも | 2005/11/20 21:55
TBさせていただきました。
親孝行したいけど、実際にはなかなかできませんね。
こういう本を読むたびに、思うんですけど〜
| 2005/11/23 09:59
花さんへ

TBありがとうございます。

親孝行という言葉を頭にいつも入れておくと、
違うかもしれませんね。

私もあとで花さんの記事TBさせてください。
とも | 2005/11/24 10:51
はじめまして。
東京タワー今取り寄せ中です。
早く読みたくなりました。
ぐ〜たら主婦。 | 2005/11/24 11:12
ぐ〜たら主婦さんへ

はじめまして(^^)
コメントありがとうございます。
『東京タワー』書店でも売り切れのところが
多いそうですね。
ぐ〜たら主婦さんの感想が楽しみです。
ぜひ泣いて下さい。

先ほどぐ〜たら主婦さんのところへも
遊びに行かせてもらいました。
元気に復活してください。
あとでゆっくりコメントいたします。

またお待ちしております。
とも | 2005/11/24 19:14
ともさんへ
お久しぶりです〜。
連休を前にしてやーっと「東京タワー」借りられました。
読むのが本当にたのしみです〜(^^)
キラ子 | 2006/04/30 00:36
きら子さんへ

ホント、お久しぶりですね!(^^)!
連休前に借りられて良かったですね。
ゆっくり、読んでください。

感想待ってますね。
とも | 2006/04/30 19:37
こんばんは
久しぶりのコメントでごめんね。

昨日ドラマを見たよ。
見ておかなくっちゃと
思ったのよ。

結婚してないから
母親に精神誠意で来たのかもって
思ってみたり、
反対に彼女と別れなくても
状況が状況なんだからと
思ってみたり
でもおかんはとても幸せそうで
うらやましく思ったり。。。
色々考えてしまいました。
本と比べてどうだったかな?

この本の初めの私のコメント、
ちょうど一年前くらいにしたんだ!
びっくり!
私の生涯最高傑作作品は
相変わらず私に怒られてばっかりです(笑)
♪やまひろ♪ | 2006/11/19 20:34
やまちゃんへ

コメントありがとう!!
覚えててくれたんだね。
ドラマ見てって言ったんだよね。
ドラマはまだ見てないんだ。
明日は休みだからゆっくり見ようと思う。
ウチはどちらかと言うと娘の事を
叱るのが多い。
とも | 2006/11/20 15:45
わかる〜。
下の娘ってほんと確信犯。

例の物、届いたよ。ありがとう!
♪やまひろ♪ | 2006/11/23 21:15
やまちゃんへ

例の件、ご検討くださいね〜(^^)
とも | 2006/11/26 08:15
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/5
TRACKBACK
郁子さんが本ネタだったのでつい。と思ったら、下で吉留くんも書いているので2番煎じだけど・・・ 久々に、ベストセラー本を買った。リリー・フランキー。 この人、普段はエロいイメージなんだけど、この本はそんなエロさとはほど遠く、涙が落ちて、読んだ後きっと
本の紹介〜お店での売れ筋Part2〜 あたりまえの事だが書店にはたくさんの本が並んでいる。その中には良く売れる本もあれば、全く見向きもされない本もある。沢山ある本の中から選ばれるにはそれなりの理由があるはずである。その理由には、本の置いてある場所、
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ | 本屋のバイト、書籍を探訪す。 | 2005/11/20 15:26
東京タワー? オカンとボクと、時々、オトン ??? リリー・フランキー著?? 扶桑社 作者リリーさんの小学生からの人生を語る。この小説の中には、オトンとは別居しほとんどひとりでボクを育ててくれたオカンに対する感謝の気持ちがいっぱい詰まっている。
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | <花>の本と映画の感想 | 2005/11/23 09:55
リリー・フランキー 著
ココリコミラクルタイプにも出ている リリーさんの本です
リリー フランキーの東京タワー | くちこみ評判良品 | 2006/04/17 19:30
「東京タワー   オカンとボクと、時々、オトン」  リリー・フランキー:著  扶桑社/2005年06月/1500円 ナンシー関なき後最強のコラムニスト。 文章家と目されている著者が打ち立てた金字塔。 読みやすく、溢れるユーモアを提供しながら、 人間性
「東京タワー」 | 月灯りの舞 | 2006/05/10 16:35
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ リリー・フランキー いまドラマでやってるベストセラーです。感動させてくれます。 詳しい話はドラマでも見てください(笑)説明不要だと思います、おもしろいです。 それにしてもドラマの主人公のもこみちはかっこ
東京タワー | 読書感想レビュー 情報ブログ    | 2007/02/06 00:30
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/04/17 10:06