活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 図書館借り本 | main | 2月の読了本 >>
息子の大好きな捕り物帳!? くものすおやぶんとりものちょう/秋山あゆ子
くものすおやぶんとりものちょう
秋山 あゆ子さく福音館書店 (2005.10)通常24時間以内に発送します。



虫の町のお菓子屋に盗みの予告状が届く。盗人を待ち受けるくもの巣親分の前に現れたのは、姿の見えない盗賊だった! 本格的時代劇絵本と新ヒーローの登場です。

ウチの息子(今年5月に6歳になります)は時代劇が大好きなんです。
水戸黄門、暴れん坊将軍など保育園に入る前は義父と一緒に
午前中の再放送をいつも見てました。
もちろん我が家には水戸黄門の印籠、刀ありますよ(笑)

この本はこどものとも
福音館書店から発売されています。

図書館で借りてきましたが、図書館では雑誌扱いになります。
値段も410円と安いのもいいですね。
画像をお借りしたbk1では、この値段の絵本ではなく表紙の硬い
絵本の方でした。


「いってえ、こりゃあ、なにごとだ」
「がってん、しょうち」

など時代劇のような言葉が満載です。
この絵本も読んであげる時親分と、子分の声を上手に使い分けて
読んであげました。息子の心をつかみましたグッド

舞台は春爛漫の、虫の町。
人間じゃない、虫なんです。

蜘蛛の巣親分こと、鬼蜘蛛のあみぞうと、ハエとりのぴょんきちが
大活躍。

図書館へ行ってもこどものともを借りることはあまりないのですが、
たまに棚をのぞくと、私達親子にとって掘り出し物があり大収穫の
図書館でした。
スポンサーサイト
ともさん、こんばんは。
私、この絵本大好きなんです!
こどものともの安いもので買いました。
虫が苦手なのに、つい立ち読みしてしまって
おもしろくてやっぱり買ってしまいました…。
盗人たちが隠れちゃうところ、結構本気で探しましたよ。

親分声のともさん、聞いてみたいです(笑)
masako | 2006/03/05 22:19
おはようさん♪

絵が特徴的。
色んな絵本があるんですね。
すみれ | 2006/03/06 06:56
masakoさんへ

masakoさん、ご存知だったんですね。
さすが絵本通ですね^^
ムシの絵がちょっと怖い。
私が子供だったらダメだったかもしれません。

とも | 2006/03/06 09:27
すみれさんへ

実際に絵本を見ると虫の絵が怖いです。
クモの巣親分、手がいっぱいあるし。。
とも | 2006/03/06 09:29
時代劇いいよね。
だけどうちの子供らは韓国の時代劇
チャングムの方が好き見たい( ̄ー ̄)
日本の時代劇は江戸時代とかの方が
見やすいかもね。

なぜか図書館に行こうとすると
月曜日なんだよね。
意外なものが雑誌扱いだったり
違ったりするんだよね。
♪♪やまひろ♪♪ | 2006/03/06 16:30
ともさん、こんにちは。
おもしろそうな絵本ですね。
息子があと10歳若かったら、きっと大喜びしてたでしょう。
(高校生なんて、つまんないよ〜)

こどものとも、大好きです。
降矢ななさん、堀内誠一さん、こいでやすこさん、瀬川康男さん〜
好きな作家さんにたくさん出逢いました。

ともさんとこどもたちが、絵本で楽しい時間をすごしている様子が伝わってきて、あったかいきもちになりました。
| 2006/03/06 16:54
やまちゃんへ

韓国の時代劇?
チャングムが好きってしぶいよね〜?
私一度も見たことありません。

あっ、今日図書館に行こうと思ったの?
ポストに入れてきちゃえばいいんじゃない?
でも、行ったからにはまた違う本借りたいというとき
あるよね。

私は返却日がスッゴク遅れたときポスト行きです。
とも | 2006/03/06 17:04
杏さんへ

この絵本は本当におもしろいですよ。
堀内誠一さんといえば、おつかいに行く絵本ありましたね。
ウチも何度も読みました。

ブログ上だけでもほのぼのが伝わっているとうれしいような
気もします(笑)
とも | 2006/03/06 17:06
また来ちゃいました。
この絵本うちの息子も大好きなんです。絵本のブログも作ってるんですけど、自分の読書と子どものは別に作ってて・・・。
これ面白いですよね、いまだに息子が江戸っ子口調で絵本のセリフ言うので、相当気に入ってるようです。
まさかともさんのところでくものすおやぶんを発見するとは、驚いて嬉しくなってしまいました。
また来ますね。(本当に読書傾向似てますね)
じゃじゃまま | 2006/03/24 20:48
じゃじゃままさんへ

何度でもいいですよ(^^)
うれしいです。ありがとうございます。

絵本のブログもやってるんですか?
すごいですね。
私も最初に別にすればよかったかもしれませんが、
途中から別にするのは面倒で、一緒にしてます。

この絵本もおもしろいですよね。
江戸っ子口調、私がうけました^^

絵本まで似ているとは。
今後ともよろしくお願いします。
とも | 2006/03/25 09:51
うまくTBできたか分からないのですが、させて頂きました。
もしよければ絵本の方も覗いてみてください。
最初ブログのやり方まったく分からなくて、主人が立ち上げて、私はひたすら記事書くだけだったので、いまだに自分のハンドル不明なのですが、「じゃじゃまま」のブログなんです。
同じ趣味の絵本あったら、嬉しいです。
じゃじゃまま | 2006/03/25 21:04
じゃじゃままさんへ

訪問度々ありがとうございます。
先ほど訪問させていただきました。
TBも出来てますよ(^^)

きむらゆういちさんの『あらしのよるに』は
おもしろいですよね。朝の番組でやったのを
きっかけにして、知った絵本です。
そうそう、映画にもなって。
食べちゃおうかな、でも友だちだしって
迷うところが。。。

とも | 2006/03/26 12:06
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/50
TRACKBACK
秋山あゆ子・作 捕り物帖ってよっぽど時代劇を見ている子供ならなじみがあるかもしれないけど、まるで見てないから、親分やら子分やら「御用だ御用だ」と言われてもなんのことだか
くものすおやぶんとりものちょう | 絵本の部屋 | 2006/03/25 20:59