活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 息子の大好きな捕り物帳!? くものすおやぶんとりものちょう/秋山あゆ子 | main | 指先で紡ぐ愛〜グチもケンカもときめきも/光沢沢美 >>
2月の読了本
もう3月。
早いですね〜。
我が家の前の街路樹の桜もつぼみはまだまだ硬いですが、春を感じました。

2月に読んだ本


Presents/角田光代


どきどきフェノメノン/森博嗣


六番目の小夜子/恩田陸


きみの友だち/重松清


クローズド・ノート/雫井脩介


以上5冊

私の特におすすめの本は、『クローズド・ノート』
今まで雫井さんといえば、ミステリーのイメージが強かったので、
意外でしたがこちらもいいですよ。
ミステリーにある、次どうなるの?というドキドキがあります。

4月から仕事を始めます。
これ以上、読書量が増えることはないでしょう(それが何よりつらいことであり、さびしいですが)
でも、仕事にも慣れ子供も大きくなれば、いつかはゆっくり本を読める時間が来ると思いますし。

何事も前向きをモットーに生きているのでいつかこの夢を実現させます。
それまでこのブログ続いているかな。。。

今年最初に掲げた「今年100冊本を読むぞ」はあきらめました。
どこで働くにしろ、読書をする時間がなくなることはわかっていたので、
それなら少しでも好きな本に囲まれていたいと思い、書店員という職業を選びました。

本ブログでのベストテン入りもあっという間に急降下してしまいました悲しい
最近ブログの人口増えているのでしょうね。ちょっと更新をサボるとです。

いつもコメント、応援ありがとうございます。
今後も、ともを応援してください。
こんな大きなバナーを貼ってみました(笑)
ちょっと今、1人でツボにはまってます。

応援クリックお願いします→にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
こんばんは♪

お仕事決まったんですね。
オメデトウ(^-^)ノ ̄ ̄・:*。・:*:・°'☆
書店員だなんて、超憧れです。
私も元気になったら、本屋さんで働きたいけど、
年いきすぎて、雇ってくれへんやろうなぁ(涙)
すみれ | 2006/03/06 21:22
わっはっは。でっかい、でっかい!
〜さっそく、クリックしてみました(笑)

4月から書店で働くのですね。私は、書店員6年目、かな。
大好きな本に囲まれて働くのは嬉しいけど、欲しい本・読みたい本もいっぱいです。でも、時間も、お金も限られちゃう〜くすん。

こどもの成長は、早いです。
毎晩、読み聞かせしてた時期をなつかしく思う日が、すぐ来ます。

どうか、いまを大切に。
| 2006/03/06 21:36
こんにちはー
書店員なんて本好きにはたまらないお仕事ですね!
意外に重労働らしいので(棚卸しとか)お体にお気をつけて〜
読書が出来なくとも最新の情報に触れられるのでいいと思いますよ。
私はあまり本屋に行かず&もっぱら図書館本なので、
かなり流行に遅れちゃっている感があるのです…
常陸 | 2006/03/07 09:22
すみれさんへ

お体の具合はどうですか?
ブログからは元気なすみれさんを
知る事ができますが。

4月からもマイペースに読書を
していきたいです。
とも | 2006/03/07 09:25
杏さんへ

クリックありがとうございます。
よかった、杏さんもうけてくれて。

最近、息子に
「今日は時間が遅いから」
「今日はお母さん疲れてるから」
と言い訳にして、絵本読んであげてなかったんです。
そしたら昨夜
「今日は時間がないから、読まないんでしょ?」
と言われ、ちょっと前に我が家で流行った
世界の国旗の絵本を開いてみました。

アジア諸国の国旗はほとんど暗記してしまいました。
私はこんな国の名前あった?と改めて勉強になってます。

杏さんの「今を大切に」を心にいつも言い聞かせて
いきたいです。アドバイスありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
とも | 2006/03/07 09:31
常陸さんへ

書店員となっても図書館通いは続けたいです。
たとえ読む時間がなくても、借りてきたという
あの充実感はいいですよね。

とも | 2006/03/07 13:56
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/51
TRACKBACK