活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< プレゼントキャンペーンに応募したら・・・本が。 | main | はなうた日和/山本 幸久 >>
県庁の星/桂 望実
4093861501県庁の星桂 望実 小学館 2005-09by G-Tools


やっと読み終わった〜。
色々、間に読んじゃったから。

感想はというと、活気のないスーパーの売り上げを上げるために活躍する県庁さん。

民間人×お役人。サラリーマンの気持ちや苦労が県庁さんには伝わっていなかった。結末は何となく予想がついてしまったものの、めでたしめでたしで
終わってホッとした。

映画を見てもう一度内容を理解したい。
本橋、渡辺というスーパーに勤める人々の名前と、イメージがつかめなかった。途中で前に戻ってしまうくらい。

私も結婚してからちょっとだけ市役所でパートとして働いた事があるから役所の雰囲気、一般の企業に勤める人とは違うというのはわかっていた。

あとスーパーの裏側も垣間見れた。

私がよく行くスーパーでも、こ、こんなことしちゃってるのかしら〜!?という最初の驚きから

こういうパフォーマンスは楽しいかも〜と終盤にかけての盛り上がりは楽しめた。

とても熱意あふれる県庁さん。
お役所に県庁さんのような人がたくさん増えると、この地域も日本も良い方向に変わっていくのかな。

それもまとまらないか。冷静沈着な人がいないとね。
スポンサーサイト
僕も県庁の星は読みました。でも内容より乱丁があったことが残念でした・・・。
1章→2章→3章→2章→3章となってましたw
Right | 2006/03/28 21:11
こんちは〜
例のネタバレ本当にありがとうね!

織田裕二君のイメージがね〜
強すぎちゃって。
お役所ね〜入っている人にはわからないのよね
その世界に。
ほほう、お役所バイトなんて意外〜(笑)

ダビンチコード、映画化するんですって。
ともちゃんのコメントに横レスがあったのでみて見て〜
♪♪やまひろ♪♪ | 2006/03/29 16:11
県庁の星、装丁も目を惹きますね。
そういえば昔、英語の訳文か何かでスーパーの戦略っぽいのを読んだことがありました。
日常的に必要な品はわざとフロアの各地にバラバラに配置して、それをカゴに入れるために
お客を散々歩かせて、辿り着くまでに色々な品を見せて目移りさせるのだとか、
快適な音楽や空調をきかせてなるべく長くスーパー内に留まって貰うのだとか。
デパ地下では時計を置いてないとかTVでやってましたし。
何だか凄い情熱ですよね。
お役所内部は全然未知の領域なので早く読みたいです。
常陸 | 2006/03/29 19:40
あれ?
一番乗りで書いた、私のコメントが反映されてない(涙)
時々、サーバーに邪魔されちゃうんでしょうね。

伊丹十三監督の「スーパーの女」を思いだすような作品かしら?
ただいま、図書館にて予約中です。
すみれ | 2006/03/30 04:52
Rightさんへ

初コメントありがとうございます。

乱丁ですか?
全く気づきませんでした(^_^;)

とも | 2006/03/30 15:43
やまちゃんへ

以前、地域振興券というのが発行されたでしょ?
もしかして息子さんの年齢だともらった?
あの時この地区の小学校まわって配布したんだ。

それまでの仕事が結構大変だったな〜

横レス感激しました!(^^)!
とも | 2006/03/30 15:46
常陸さんへ

私の住むところにデパートはないので、
最近デパ地下行ってないな〜

デパ地下の惣菜食べたいな〜

お役所の新たな発見してみてください。
とも | 2006/03/30 15:50
すみれさんへ

最近、コメントに関してはみなさんにご迷惑
おかけしてるみたいですね。
申し訳ございませんm(__)m

『スーパーの女』ありましたね。
見たことありませんが、もしかしたら
似てるかも・・・
とも | 2006/03/30 15:51
ともさん こんばんは
 blogに 書籍の写真を載せる方法を
以前 こちらのコメントにて 質問しましたが
今日 やってみたら なんとなく出来たみたいです。
 今のBLOGの テンプレートに メールを
送信する画面を 未設定なのでごめんなさい。
 探してしまったのではないかと・・・

 県庁の星・・読んでみようかなぁ
って 思っています。
ぶうこ | 2006/03/30 20:20
ぶうこさんへ

今、ブログ拝見いたしました。
一応登録してやってみてください。

一度慣れれば簡単に出来ると思います。

とも | 2006/03/30 21:20
お久しぶりです。
ありきたりといえば、ありきたりな展開ですけど、スカッと読み終われる感じで好印象でした。
ついつい映画も観てしまいました。
こばけん | 2006/05/06 00:10
こばけんさんへ

お返事遅くなりまして、申し訳ございません。
映画はレンタル開始になるのを待っています。
とも | 2006/05/10 19:49
テンポよく、面白く読みました。
映画では、主役の織田裕二はいいけれど、マドンナ役が、柴咲コウですってね。若すぎ!
きっと違う話になっているのでしょうね。
| 2006/09/16 13:43
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/62
TRACKBACK
「本末転倒!怒り心頭!抱腹絶倒!ラストは感動!  手に汗握る、役人エンターテイメント!」という オビのうたい文句はさすがに大袈裟としても、充分楽しめるコメディ。 ヘンに専門的じゃないのがかえって良いのかも。
【読んだ本】県庁の星/桂望実 | こばけんdays | 2006/05/06 00:07
エリート公務員がスーパーマーケットへ出向させられ、民間の荒波にもまれて一皮むけるというお話。織田裕二の主演で映画化され、話題を集めた。 県庁の星 スタンダード・エディション織田裕二 (2006/10/27)東宝 この
桂望実【県庁の星】 | ぱんどら日記 | 2006/08/06 14:09
県庁の星 桂望実 小学館 2005年9月 県庁に勤める野村聡は、民間人事交流研修者に選ばれ、スーパーで1年間研修することになる。はりきって行ったスーパーは、社員は勤務時間中に時々いなくなり、パート職員が仕切っているというところだった・・・・・・
県庁の星 | <花>の本と映画の感想 | 2006/09/16 13:38