活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 図書館の神様/瀬尾 まいこ | main | 今日の夕食 >>
彼女のこんだて帖/角田 光代
4938508796彼女のこんだて帖角田 光代 ベターホーム協会 魚喃 キリコ ベターホーム出版局 2006-09-01by G-Tools

出版社/著者からの内容紹介
短編小説の名手、角田光代が開いた新しい小説世界は、料理とのコラボレーション。涙あり、笑いあり、そしてふと胸つまるときもある傑作短編15編のキーポイントは「料理」。無骨な男が亡き妻を想いながら作る豚柳川、働きながらひとり子育てをした母が思わず涙したかぼちゃの宝蒸し、恋の痛手をなぐさめたラムのハーブ焼き…。角田光代が小説中に巧みに、鮮やかに描いた料理のレシピをベターホームが再現して、小説と合わせて掲載しました。料理教室を開催し、料理本を数多く出版してきたベターホームのレシピは、「親切で必ずおいしくできる」と定評を得ています。小説で感動したら、さっそくその料理を作って味わってみることができる、2度楽しめる画期的な本です。


今年3位以内に入る(私の勝手なランキングに)本になるだろう。
角田光代さんの本は最初に読んだ本が私には合わなかったから、それ以来遠ざかっていた。この本は最高!!この本を読んでいると実際に作ってみたくなるし、私が家族のために料理を毎日作るということの意味を考えることができた。毎日となると疲れて面倒くさい時もあるし、手抜きになる時もある。だから仕事が休みのときはなるべく手をかけて作ろうという気持ちになってきた。仕事を始めたからメリハリが付いたかもしれない。仕事の日には疲れてとてもできない餃子やコロッケを作るとか、早くからカレーを作っておくとか。その分子供が帰ってきたらゆっくり相手をしてあげようという気持ちも持てるようになった。いかに料理を楽しんで作るかって私の永遠のテーマでもある。いやいや作ったときは気持ちがそのまま料理の味になっている。おいしいのを食べたいから作ったときはご飯がおいしい。そう、私は食いしん坊で食べるのが大好きなのである。

こういう料理と小説のコラボレーションって今までにない世界だろう。ベターホームの本は図書館で新婚当時借りまくり、作りまくった。簡単なレシピと家庭料理の基本的な知識を身につけることができる。

またベターホーム借りてみようかな。そして角田光代さんの本にも触れてみよう。

スポンサーサイト
ともさんの3位に入るなんてすごいですね!角田さんってよくお名前見かけるので気になっている作家さんなんではあるんですけど、私1冊しか読んだことなくて、そんなに悪い感触はなかったはずなのに、それ以来読んでないんですよね。
サスペンスものが多いので、次のターゲットとして角田さんも入れてみようと思います。

私も食べるの大好きなんです!なので料理嫌いじゃないんですよ。
献立に困るので、レシピ本決めてそこから一週間のメニュー決めて作ったりしてます。
じゃじゃまま | 2006/10/01 14:27
じゃじゃままさんへ

とりあえず、この本はおすすめです。
買ってよかったです。一生手元に置いて
おきたい本ですよ。

じゃじゃままさんのおすすめのレシピ
あったら教えてください。
とも | 2006/10/01 16:34
作るのはいやではないのだが
追われている日々なので
やっぱり作ってもらう方がいいや(笑)
で、土曜日の昼は息子に焼きそばなどを
作ってもらうことに決めて
それだけでも大満足。
♪やまひろ♪ | 2006/10/02 15:55
一生手元に置いておきたい本ってありますよね。
ご存知ないかもしれないんですけど、「雪の断章」は私の一生かけてのナンバー1です。
レシピ・・・料理もセンスだと思いませんか?私センスなくて、料理本に頼ってます。
しいていえばミートソース??ありきたりすぎますね。
ベネッセのボンメルシィを定期購入してたんですけど、結構家族に好評でした。
じゃじゃまま | 2006/10/02 19:18
やまちゃんへ

息子さんが作れる年齢っていうのはいいね。
ウチの息子にもやらせよう。
本人は今すでにやりたいみたいだから、
たまに炒めたりするのをやらせてるけど。
とも | 2006/10/03 10:13
じゃじゃままさんへ

『雪の断章』知りませんでした。
今、Amazonをのぞいてきました。
愛と感動のストーリーなのですね。

時々外食して、おいしいものを食べて
舌を鍛えるのは大切らしいですよ。
親もだけど、子供も。
ミートソースは実家の母が作るのがおいしくて
真似して作ってます。
ニンニクだけでなく、ショウガのみじん切りも
一緒に炒めてみてください。おいしいですよ。
とも | 2006/10/03 10:18
私も母からの直伝なんですけど、でも母のは砂糖を入れてるんですよ、そのわりに味が濃くてしょっぱい感じなので、自分なりにアレンジしました。
にんにくとしょうがですね!!私はトマト缶煮とケチャップとウスターソースのみの味つけでした。なんか恥ずかしくなりました。(笑)

今晩のメニューはミートソースなんです。(^.^)
じゃじゃまま | 2006/10/05 09:24
じゃじゃままさんへ

こんにちは!
実家の母の作るミートソースもちょっと味が濃いです。
酸味があるときは砂糖を隠し味に入れたほうがいいと
教わりました。同じですね。
夏はウチでトマトがたくさん採れるのでウチのトマトを
入れますが、ない時期は完熟のトマト1個を買ってきて入れます。
買い物にいけないときはホールトマトも使います。

ホールトマトは必ずストックしてます。

とも | 2006/10/05 09:49
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/93
TRACKBACK
TB失礼します。レシピを利用しておいしい料理を作るには家庭料理やお菓子に旬の料理とか弁当とかいろいろとコツがありますね。その他は・・・。
レシピでおいしい料理を作るには | 無料でおいしい情報局 | 2006/10/03 23:47
角田 光代(かくた みつよ、1967年3月8日 - )は、日本の作家・翻訳家。 神奈川県横浜市出身。捜真女学校高等部、早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。在学中の1988年、上期コバルト・ノベル大賞を『お子様ランチ・ロックソース』彩河杏の筆名で受賞。当初はジュヴナイル
角田 光代 | 気ニナルコトバ | 2006/10/05 16:25
クックパッドなるレシピサイトを今日知りました。15万品収録ってすごいですね。
クックパッド | リアルスタイル | 2006/10/18 19:13
インドのヨガ古典が、ヨガ行者の小屋の場所、建て方、腹八分目を守ることなど、ヨガ行者の暮らしぶりの模範を書いてますが、その一環としてハーブの飲用も解説してます。記憶間違いでなければ、シナモン、バラの実(ローズレッドで代用可)、カルダモン、甘草(リコリス
ヨガ古典がハーブ利用も解説:オーラ浄化 | ヨガ@お役立ち情報館 | 2006/11/16 22:13