活字中毒ともいうべき、本がなくては
ならない私。

5歳の息子と、3歳の娘がいます。
子供たちお気に入りの本なども
紹介しています。
コメント&TB大歓迎です。

なお、記事と無関係のTBはこちらで削除させていただくことがあります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 初体験!!ヨガ教室 | main | 春期限定いちごタルト事件/米澤 穂信 >>
名もなき毒/宮部 みゆき
4344012143名もなき毒宮部 みゆき 幻冬舎 2006-08by G-Tools


どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。

あ〜久しぶりに宮部作品を堪能させていただいた。
前作の『誰か』の続編である。前作が宮部作品にしては少し物足りなさを感じていた私としては、続編と聞いたときにはがっかりしていた。
しかし、久しぶりに宮部さんが本を出したということで話題沸騰だし、評判もなかなかいいというこで図書館から順番が回ってくるのを心待ちにしていた。

前作はどろどろしたものがないし、かなりあっさりしていた感じがする。
今回はと言うと、メリハリがあっていいのではないか。

杉村さん、どこまで人が好いの。好過ぎるよ。
周りのみんなが心配するように、他人が困っているのを黙って見ていられないのがこの人のいいところでもあるが。

この先は本を読んだ方だけ読んでください。
完全にネタバレしてますから・・・
そして読みながら感情移入してしまうほど許せないのが、原田いずみという女。
実兄の結婚式をぶち壊したという過去。
生まれつきながらにして嘘つきな人間なんて本当にいるのか。
精神的な病気だろうが、病名あるのかな。

色々なが出てきた。
そうだ、そんな事を思い出していたら外立(はしたて)君の人生は悲しすぎる。
ボクって幸せだなって感じるときはあったのだろうか。切ないな〜。

杉村さんのイライラするほどの人の好さ。そして原田いずみ。
外立君や運送会社の社長など人物像にメリハリがあってとても良かった。
この本はシリーズ化していくのかな。







スポンサーサイト
なぜでしょうね、杉村さんって物足りないんですよね。
話的にはいい展開なのに、私も杉村さんのあののほほんとした幸せぶり、毒なのかもしれません。(笑)
誰しも毒を持っていて、その毒はある人物、ある事柄に反応するものなのかな、と考えさせられました。作中、秋山氏に、「本来杉村さんのような恵まれた人が外立君と接触すること自体間違いなんだ」みたいな部分あったんですけど、すごく納得しました。
じゃじゃまま | 2006/10/31 09:17
じゃじゃままさんへ

TBありがとうございました。
私もTBさせていただきますね。
杉村さん物足りないというより、人が好すぎて
イライラします。そして幸せぶりも・・・
だから毒を感じずに人の世話をあれこれ
焼くことが出来るのかなって思いました。

外立君はとことん不幸ですよね。
とも | 2006/10/31 14:51
そうなんですよ〜。
私もイライラするんですよ。時に幸せすぎる人というのは、それだけで「毒」です。(苦笑)
それにお節介だし。続編期待してる意見多いのですが、アンチ杉村さんなので・・・微妙です。
じゃじゃまま | 2006/11/01 14:19
ひさしぶりです。
宮部さんの作品を読むのも、ひさしぶり。
宮部さんは、人間関係が描かれた作品で、読ませてくれますね。
| 2006/11/08 19:28
じゃじゃままさんへ

アンチ杉村さんですか?
こうなったらとことん書き続けて欲しいなと思いますが、
杉村像を。
とも | 2006/11/09 16:36
花さんへ

次回作はどんな作品でしょうか?
楽しみですね〜
とも | 2006/11/09 16:37
COMMENT









Trackback URL
http://book-yu10mari.jugem.jp/trackback/99
TRACKBACK
読み終えて1週間。読み出したら一気だったのだけど、確かに宮部作品なのだけど、満足と物足りなさが同居中。 連続無差別毒殺事件。それ自体は、これからの展開に期待が膨らんだ。 なのに、なぜか・・・。そう、私は多分杉村さんが好きじゃない。どこかで読んだことのあ
名もなき毒 宮部みゆき著。 | じゃじゃままブックレビュー | 2006/10/31 09:10
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2006/11/03 13:18
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2006/11/03 13:19
名もなき毒 宮部みゆき  幻冬舎 2006年8月 連続無差別毒殺事件の4人目の被害者が出る。 今多コンツェルンの私生児菜穂子の婿である杉田は、社内報の仕事をしていた。そこでアルバイトをしていた原田いずみが、満足な仕事ができない上におこりっぽいの
名もなき毒 | <花>の本と映画の感想 | 2006/11/08 19:24
久々の「宮部モノ」。一気読みしてみました。  《どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。  それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、  トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、  私立探偵・北見のもとを訪れる
【名もなき毒】 宮部 みゆき 著 | じゅずじの旦那 | 2006/11/11 16:53
第41回吉川英治文学賞は、 宮部みゆきさんの「名もなき毒」に決まりました。   また、第28回吉川英治文学新人賞には、 佐藤多佳子さんの「一瞬の風になれ」全3巻です。   第41回吉川英治文学賞を受賞した宮部みゆきさんは、 「我らが隣人の犯罪」で
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/03/07 03:34
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/06/07 16:57